Gakken Tech Program から
塾オーナー様へのご提案

プログラミング学習コース
導入支援プラン

学研グループの多数の実践から磨き上げたノウハウをご提供させていただきます。
生徒が学びたいと思い、先生に教えやすいと感じていただけるカリキュラムです。
  • プログラミング学習コース 導入メリット1 差別化 話題のプログラミングでほかの塾様と差別化できますプログラミング学習コース 導入メリット1 差別化 話題のプログラミングでほかの塾様と差別化できます
  • プログラミング学習コース 導入メリット2 受講料アップ 教科プラスアルファの受講料が期待できますプログラミング学習コース 導入メリット2 受講料アップ 教科プラスアルファの受講料が期待できます
  • プログラミング学習コース 導入メリット3 きっかけ作り これをきっかけに入塾者が増え、他教科の受講にもつながりますプログラミング学習コース 導入メリット3 きっかけ作り これをきっかけに入塾者が増え、他教科の受講にもつながります

Gakken Tech Program
ならではの特長

低コストで開講可能!低コストで開講可能!

Gakken Tech Programのカリキュラムは、パソコンさえあれば実施できます。ロボットを使うカリキュラムに比べ、場所をとらず、低コストです。月謝を抑えられ、多数の生徒が見込めます。

プログラミングスクール各社の月謝と教材費

専門知識なしでOK!専門知識なしでOK!

先生はプログラミングやITについて専門的な知識を持っている必要はありません。実際、Gakken Tech Programのキャンプなどでは、プログラミングを学んだことのない大学生が講師を務めています。

先生の授業前の予習がなくて済む理由

効率のよい運営が可能!効率のよい運営が可能!

授業は学年も学習するコースも分けずに実施できます。学年とコースごとにクラスを分けると生徒数が少ないクラスや多いクラスができてしまいますが、その心配はなく、効率よく運営が可能です。

Gakken Tech Programの授業の様子

他の受験教科につながる3、4年生が多い!他の受験教科につながる3、4年生が多い!

生徒の年齢でもっとも多いのは小学3~4年生、次に1~2年生。そのまま学科・受験教科の受講につながることが期待できます。また、ロボットを使わないカリキュラムで、女の子の生徒が多いのも特長です。

年齢構成 男女比率

生徒の好みとレベルに対応する
2つの学習コースをご用意

Level1

プログラミング入門

スクラッチでゲームを作ろう

アメリカのMITメディアラボが開発した教育用プログラミング環境「スクラッチ」を使います。スクラッチはブロックを組み合わせてプログラムを作るため、マウス操作だけで学習が可能。初めての子どもやキーボードに慣れていない生徒にオススメです。子どもが好きなゲームを作りながら、その過程で必要になる様々なプログラミングの知識を学びます。
スクラッチスクラッチ
テキスト例テキスト例
対象:小学1年生~小学6 年生
授業時間:90 分〜120 分
回数:24 回
使用ソフト:スクラッチ
使用言語:スクラッチ
ステップアップステップアップ
Level2

プログラミング実践

ホームページ&Webアプリを作ろう

準備中 2019春開講準備
インターネットを使った情報発信で、強力な武器となる技術を身につけるコースです。ホームページや、Web上で動作するゲームアプリを作ります。製作するのはゲームなので楽しく、小学校中学年以降ならはじめてでも大丈夫です。ただし、授業の最初のほうから長文のコードを書くなどしますので、プログラミングに特に興味を持っている生徒に向いています。
テキストエディタとブラウザテキストエディタとブラウザ
テキスト例テキスト例
対象:小学3 年生~中学3 年生
授業時間:90 分〜120 分
授業回数:24 回
使用ソフト:テキストエディタ/ブラウザ
使用言語:HTML /CSS / Java

開講に必要なもの

生徒または塾様にご用意いただくもの PC ※ 1、筆記用具
塾様にご用意いただくもの インターネット※ 2
Gakken Tech Program から
ご提供するもの
毎月 テキスト(生徒数分/紙)
プログラミングファイル(1教室分/データ):テキストの内容を再現したプログラミング結果
スターターセット
(初回のみ)
年間カリキュラム(1教室分/データ)
指導マニュアル(1教室分/データ):使用ソフトのセットアップ方法などを解説しています
体験教室用カリキュラム(1教室分/データ):生徒募集時にご利用ください
宣伝材料テンプレート(1教室分/データ):プログラミング教室のイメージ写真やテキストのサンプル
  1. ※1:PCの必要スペックは以下をご参照ください。スペックが足りていれば、生徒の持ち込みのPCを使用することもできます。
  2. ※2:インターネットはプログラミングに使用するソフトのインストールやアップデートなどに必要です。毎回の授業分、PC全台分に必要となるわけではありません。

各コースの使用ソフトを動作させるのに必要なPCのスペック

スクラッチ Windows OS:Windows7以降 Mac OS:10.9以降
ホームページ& Webアプリ Windows OS:Windows7以降 Mac OS:10.9以降
下記のページから資料請求のフォームにご入力ください。
費用や導入時の収支シミュレーション、プログラミングカリキュラム、
各コースの学習内容などを含むPDFファイルのダウンロード先URLを、
ご入力いただいたアドレスあてに送信します。